2015年08月26日

【新編集長】少年サンデー雑感。【今度こそ期待】

今回は本誌の感想ではなく(今週号まだ買いに行けてません…)、38号の市原新編集長の声明を読んで脳裏をよぎったアレコレを綴らせていただきます。ネットで先に知ったんですが正直驚きましたし、こんな声明をわざわざ出さなくてはならないほど、サンデー編集部は多方面(主に漫画家志望者)から不信感を抱かれていたのかと悲しい気持ちにもなりました。しかし、それ以上に「冠一派消えたのか!」という安堵感と歓喜でむねがあつくなりました。ええ本当に。

思えばサンデーを定期購読しはじめた理由は、仕事が忙しくなって立ち読みする余裕がなくなってきたのと、あの当時は神のみやARAGO、マギがかなり面白く、他作品も「腰据えて読んだら面白い」ものばかりだったので、本当に好きで買ってました。感想も書いてて楽しかったなあ。(過去形)
しかし今現在、わたしにとってサンデーは「マギが載ってる週刊少年ナベケン」としか云いようがなく、感想のモチベもジャンプとドリフターズに吸い取られていたりします。

理由をつらつら考えると、買い続けていくうちに「飽きて読み飛ばすマンガ」が増えたことにある気がします。それと安定しすぎてて読んでて心が躍らない、続きがまったく気にならない作品ばかりになったとも。ぶっちゃけ絶チルやエリアD辺りは頻繁に休載するせいで、「あ、今こんな展開だったっけ?」と思うことがしょっちゅうだったりします。

存在そのものが一大産業化しているコナン、ジャンプにおけるこち亀的なポジションのRINNE(というか高橋留美子枠)はともかく、他の長期連載がとにかくダレる。どの作家さんも味のないカルピスにならないよう、手を変え品を変え原液をちびちび投入しているのは窺えるんですよ(特に絶チル)。しかし、どれも「長い」ことが最大の欠点になった「犬夜叉」と同じ道を辿っていると断言せざるを得ません。
犬夜叉はあの当時、たたみに入ってからも似たような展開続きで苦痛で仕方なく、それでも高橋作品はずっと付き合ってきたファンなのでぐっとこらえて読み通し、最終回を読んだ時は感慨が湧くどころか、本当に終わったのかまさか来週も載ってるんじゃないだろうなと、そんな不信まで抱いたぐらいです。アニメの完結編は出来が良くて好きですけど。

延々と愚痴になりそうなんで適当にはしょりますが、ないた赤鬼云々はさておいても、ジュビロをまったく制御できなかったせいでトンデモ駄作で終わった「月光条例」、フェンシングよりギスギスした人間関係に比重を置いたせいで佳作になり損ねた「パラディン」、55連載のための犠牲になったとしか思えない「アナグルモール」「BUYUDEN」等々、目先のことしか考えてなかったのかと勘繰らずにいられない、編集部の力不足によって駄目になった作品がどれだけあるのか。個人的にはマンガ力を感じた「クロノ・モノクローム」が本当に惜しかったです。あと「ドリー・マー」ももう駄目なんだろうなあ…。

まあ本当にこれは個人的になんですが、サンデー編集部というか小学館自体の駄目っぷりを如実に感じるのは、「アラタ カンガタリ」を「週刊少年サンデー」に載せ続けていることです。正直、アラカンに割く枠があるなら新人に譲ってあげて欲しい。アカランは「週刊少年誌」向けではないというか、渡瀬先生が少女漫画で培ったノウハウと、少年漫画という土壌がかみ合ってないと思います。せめて常態化してそうな鬱病を完治させてから復帰して欲しかったなあ。
このへんは書き出してみたらえっらい長文になって鬱陶しくなったので、書き上がったらひっそりアップします。鬱陶しすぎるのでしないかもしれませんが。

まあとにかくも、そのへんで編集長が思い切った改革を起こして下さることに期待します。ああ、でもアキラは見逃して! アキラのお蔭で世界陸上をちょっと面白く見れたんですよう!
個人的に、38号の目次のだがしかしから下のマンガは黄〜赤信号だと思います。電波となのはもどうかなあ。電波は完全に冠プロテクトだったし、なのはは「マンガ家自身の好きなものを好きに描かせちゃ駄目」な、男坂と同じ部類の作品になりつつあるので…。しみじみ、神のみは奇跡だったんだなと思わざるを得ない。
あとバードマンとか、月イチ連載ものがどうなるのかも気になる。バードマンは今のサンデーでトップクラスの作品だと思うので生き延びていただきたい。

願わくば、今後のサンデーで「金色のガッシュ!!」のような小中学生に喜ばれる、直球ストレートな王道のバトルマンガが生まれますように。そういえばサンデー買い始めて、新連載第1回目でこれは! と思った作品って全然見てない気がする…。だがしは初見から魅かれましたけど、ワクワク感とかそういう質のものではなかったし。

もっと書きたいことはあったんですが、とりとめなさすぎるので総括すると、ナベケンBE BLUES!とマギが安泰なら大抵のことはゆるすよ!(最低)
posted by はらよしかず at 15:25| サンデー&マガジン関連。

2015年06月11日

【1時間で書く】超久々少年サンデー感想。(※拍手レス有り)

いやまあジャンプでも良かったんですが、最近サンデーからちょっと離れすぎていたのが気になっていたので。
あまり比較はしたくないのですが、ジャンプを買ってじっくり読むようになってからというもの、サンデーの駄目さ加減が目について仕方ない。編集部の土壌からして段違いだから、こればっかりはどうしようもないとは分かっているのですが。
それでも嫌いかと問われたら、いや好きですよと答えちゃいますサンデー。誌面の雰囲気が落ち着けるというか。

それにジャンプにはナベケンがいないジャマイカ!(曇りなき笑顔)もう巻頭カラーのナベケンで楽園直行。久々のしょうがくせいナベケンで脳汁ブシャアアアアよ! 図書カード応募するに決まってますよ!(かわいそう)

これのせいでBUYUDENが終わったのか…と苦々しい気持ちでいたメジャーセカンドが面白いです。やっぱり満田先生は野球が合ってるんでしょうかねえ。
・茂野二世の肩書に苦しみ、野球から逃げている大吾にストレスが溜まる分(まあ仕方ないんですが)、光くんの行動力が見てて気持ちがいい。この2人が二人三脚となっていく展開がバランスよくて、楽しく読めてしまいます。このへんはベテランの上手さですなあ。
・ムシブギョーは読んでてキツイ。時々面白いんですがキツイ。これが最終決戦ならともかく、まだラスボスが大坂で悠然としているのかと思うと、あんまり楽しめないんですよね。仁兵衛パパン完全に死亡モード入ってるし。
・ドリーマーはなかなか面白いんですが(世界観のビジュアルに時々ゾクっとさせられますし)、サンデーを買って全部読むような読者にしか受け入れられないんじゃないでしょうか。ドリーがもうちょっと“媚びた”キャラだったら良かったんでは。
恋する乙女モードになったもやしちゃんkawaii!! それを見て動揺するなりも可愛い。でも肝心のアクトにいまいち魅かれない罠。ひらかわ先生が非常に配慮して、彼を動かしているのは分かるんですけどね。共感できる部分がまだ少ない気が。
・リオンさんは面白いんだかつまらないんだか、どう評価していいのか困る。各エピソードに仕込まれた小細工は上手いと思いますが、作品を全体から見た場合、どんなマンガになっていくのかまだ見えてこないというか。それはトキワにもちょっと云える気がします。
アキラが地味に熱い。藤乃くんマジナイスガイで泣ける。彼の陸上への想いを素直に受け止められるアキラの純情さにも泣ける。アキラも地道に成長してるんですよね。
・ちくびが勃たないのにちくびの描写が超薄いのはこれ如何に。それは置いても最近の競女は、ちくびでできないことは何もないのではと錯覚するほどにキチガイで作者大丈夫なのかとすら。(真面目に)そして最新話で主人公がアナルくぱあまでやられたのに誰も何も云わない。何故だ。宮田ちゃんなら少しは話題になったか(ひどい)。
・正直読むのが相当しんどくなっていたマギですが、ジュダルちゃんとハニババくんの思わぬ再会で俄然面白くなってきました。ジュダルちゃんがハニババくんとの交流を通じてどう変えられていくのか。楽しみです。
・でも早く元の世界に戻らないとアリババくんが荼毘に付されちゃう! …煌帝国は火葬でしたっけ?(ええい不穏なことを)
・思えば麻倉戦を見届けていくうちに、やだわたしナベケン結構好きかも…とときめきを覚て幾星霜。やっとやっとナベケンと龍ちゃんの連携を拝める日が来たんです来ちゃったんです…! 長かった本当に…!(滂沱)
・ノアさんが格好よすぎて辛い。髪型がコロコロ変わるライバルキャラって珍しいですね。
・桜庭さんたぶんこの試合に出てくると思うんですが、まるで成長してないのでノアさんにまた玩具にれなきゃいいんですけどねー。でも龍ちゃんが進化してる最中だし大丈夫かな。
ミルコじーちゃんに庇われた江藤さんkawaii!! まさかのミルコ×江藤さん展開なんです? それでは優人が悲惨すぎるんです?

ここで時間切れ。

拍手レス。
posted by はらよしかず at 14:54| サンデー&マガジン関連。

2015年02月05日

もはや豚ですらない何か。(※拍手レスあり)

もうもうちょっと何ですか今週のサンデー。なんなんですか表紙から本編の全コマすべてのナベケンがカッコいい可愛いえろいの三拍子ってどういうことなんですか。モトユキ先生なぜこのような特上フルコースをわたしのために用意して下さったんですか。誕生日でもないのに(待て)。
モテモテと云われた時の笑顔とか! 龍ちゃんに質問されて真摯に応えた時の表情とか! アンナちゃんを見つけた時の眉顰めとか! 龍ちゃんと一緒に一目散に海に駆けだした漢っぷりとか! もうそこいら中に頭をガンガンぶつけたくなったじゃないですか! 萌えすぎて!(かわいそう)最後もさり気に優希を褒めてるし、なんていい子なんですか。もうあの子本当は天使なんでしょ!? 天使って云って下さいよ!

というサンデー感想でした。(えー)最後のアンナちゃんと優希のやりとりにホロリ&ほっこりしたのも本当ですが、ナベケンにすべて持っていかれすぎで生きてるのが辛い。

うしとらがアニメ化だそうですが、脚本の井上某にはギャラリーフェイクとデスノートでブチ切れた過去があるので(デスノはニアメロ冷遇が許せなかっただけですが)、たぶん見ません。ジュビロ自体に冷めちゃってるし。
春アニメはUBW二期とりんねと銀魂4期とニセコイ2期はチェックします。ニセコイは動くポーラ目当てです。
そういえばMajor3月に復活…満田先生がまさかここに来てMajorの呪縛に囚われるとは気の毒です。描きたかったのはBUYUDENの方だったろうに。なんでや! デブ萌花ちゃん可愛かっただろ!(本気)

ちょっとの間、再燃中のアレにひき籠ります。たぶん描(書)きたいこと一通り吐き出したらすぐ戻ってこれると思うので。本来ならドラマダ描きまくってるはずだったのにどうしてこうなった。
ブログ立ち上げてやるつもりなんですが、思うところあってひっそりやりたいので、ここにリンクは貼りません。閲覧層が全然違うはずなんで。基本的に需要:わたしなんで。

拍手レス。
posted by はらよしかず at 18:29| サンデー&マガジン関連。

2014年12月11日

【1時間以内で書く】少年サンデー2・3号感想。

もーただでさえ師走と云うだけあって、外でも家でも何かに終われて忙しいのに、年末年始は我々の楽しい休暇の前にお前は死ね(笑顔)と云わんばかりのスケジュールを提示されてしまい、ものっそい憂鬱なわたしです。恐ろしいことに27日から4日までフルタイム出勤でまったく休めません。少しでも異議を申し立てようものならヒステリーで応戦されます。奴らの休暇中にノロウィルスに感染する呪いをかけてもわたし罰当たりませんよねあのクソアマ

そんな訳でこれが今年最後になるかもしんないブログ更新はサンデー感想です。
ジャンプも銀魂とかNARUTO最終回とかちょっと触れたかったんですが、ついったで満足しちゃうのでした。しかし銀魂は本当に気になる。

藤木先生復活めでたい! 相変わらずラブをコメらせると(サンデーにおいて)右に出る作家はおりませんなあ。桂木さんの生パンに対する志藤くんの反応に超ニヤニヤしました。でも、これ4コマじゃなくてストーリーもので読みたかった気もします。これはこれで見せ方としては面白いんですけどね。
・新連載はなかなか面白いし、コマ割りのセンスなどに作者のマンガ力を感じました。でも主人公もヒロインもちょっと暗すぎるのが気になる。
・松風くんカコイイ!
・カナタは早々にトキワにデレましたが、ハルカはまだめんどくさい感じなのかしら。
・ああ、やっぱり本来の玉艶はアルバに乗っ取られていただけなんですなあ。でも白龍くんにとって、それはもう些末なことでしかなくなってて、ジュダルちゃんも「自分は何に怒っていた」のかもどうでもよくなってて、怒りを持続するためにそれを向ける対象を探す状態になっちゃったんですなあ。読者からしたらアルバが嗤って退場した時点で彼女(というかイル・イラー)に踊らされ続けることは明白な訳で、哀れとしか云えません。白ジュダコンビはNARUTOのサスケェレベルにめんどくさくなってんじゃないのか、大丈夫かアリババくん。白龍くんの「大義」はバルバッドの国民を動かすに足るものがあるだけに、今後がおっかない。
・ほたるさんはだんだんあたまがおかしくなっていくな。だがそこがいい。
・パラディンが実にいい締めを見せてくれて、今後も楽しみです。良かった、打ち切り逃れて本当に良かった…! 前号のクロノ終了が結構こたえていただけに良かった…!
・オチの空耳アワーに至るまでの琴音姉ちゃんが可愛すぎてもだえる。ステラはこっちの方が断然面白いと思ったら駄目でしょうか。駄目ですね。
・デジコンも本筋よりこういうバカラブコメやってる方が面白いなあ。
・競女のこういう、おバカなお色気をジャンプ的なノリでやる作風は非常に面白いのですが、やっぱり絵がなあ…。こればっかり云ってますが、他は良くなってきてるだけに云いたくなります。
・やったーナベケンが桜庭さんを止めたワァァ。ここは龍ちゃんに麻倉戦のリベンジを果たしてもらいたいので、そういう意味で桜庭さんお前じゃねえ座ってろという心境。ナベケンも龍ちゃん相手だと、ものすごいいい貌しますよねえぇぇ(ニタアァァァ)。ミルコじーちゃんの「違う」が敗戦フラグにならなきゃいいんですが、せめて同点に持ち込んで欲しい。

では生きていたら、年内にもう1回ぐらいここでお会いしたいです(干物のような笑顔で)。
posted by はらよしかず at 16:53| サンデー&マガジン関連。

2014年11月25日

【1時間で書く】ここ最近の少年サンデー感想。

実は本日、京都に日帰り観光するつもりで休みを取ってたんですが、全国的にまとまった雨で中止せざるを得ず(´・ω・‘)なんとか来週行きたいんですが、どうもまた雨くさくて諦めた方がいいのかどうなのか。トホホ。

そんな訳で久しぶりにサンデー感想をしたためようと思った次第。月末のアワーズにドリフ載ってたら感想書きます。廃棄物のあの現状を知った今、ノブノブが次はどういう手に出るのかそりゃもう気になって仕方ない。
年内にBBブログも動かしたい。次のドラマダ関連に手を付ける前に何か描きたい心地。

ノベルお疲れ様でした。終わってみたら近年のサンデーではかなりの秀作だったと思います。ラストのマーロウのカッコよさに痺れました。ヒバリちゃんは最後までヒバリちゃんでしたなあ。おしっこヒロインだけど。
りんねアニメ化おめでとうございます。アニメスタッフの力量次第でいくらでも化ける、自由度の高い作品だと思うので素直に楽しみです。NHKだし。
・松江名先生の忍者読み切りが非常にツボでした。カナタも非常に面白くて、ぶっちゃけどっちもケンイチより好みです。
・競女はエピの繋ぎとか結構よくできてるんですが、いかんせん画のセンスが養われてないせいで、馬鹿展開が滑ってるのが気になって仕方ない。本当にそこだけが惜しい。
・バードマンのフェアリーちゃんが可哀想可愛い。今後どういう形で烏丸くんたちと接触するのか気になる。それ以上に鴨田くんどうなるのー!? 月イチ掲載が憎い。
・アキラの井口先輩めっちゃいい人で驚いた。いや本人はたぶんそういう自覚ないんだろうけど。部長がなぜ走れないのか気になりますなあ。
・氷球姫が私的に最近非常にアツイ。火爪ちゃんが可愛すぎて辛い。常盤木にデレはじめている姫も可愛くて辛い。しかしいちばん可愛いのは咲夏さん。異論は認めない。彼と梅ヶ枝ちゃんのやりとりにニヤニヤするのはわたしだけではないと信じる。
・これはもうアカンとスルー寸前だったデジコンですが、風紀委員長のペロペロ以降の飛ばしっぷりにちょっとやられている次第。規則通りの制服verなシホさんカワユス。ぜひあのままでいていてだきたい。
ノリノリ生徒会長おじいちゃんが素敵すぎて他キャラを食いすぎてる感。松風くんを認めるのはちょっと時間かかるんかな。まあ警戒するのは無理もない。
・キリヲがじりじりする展開で興味深いのですが、いかんせん描写にパワー不足を感じるのは何故なのか。絵(というか線)が無難にキレイすぎるせいかなあ。デジタル作画はどうしてもそうなりがちですよね。
・マギの白龍くん&ジュダルちゃん陣営のえげつない下剋上に暗澹たる思い。あの洗脳、絶対バルバッドの国民にも使いますよね。アリババくん超暗雲展開じゃないですかーやだー! たまつやおばちゃん死んだフリするつもりであっさり殺られたのかと思ったら、ガチで相手してたのでちょっとびっくり。まあでも何か思うところができて、殺されて「あげた」んでしょうなあ。でないとあの長い回想でのアルバの変貌に意味がなくなる。
・やっぱり桜庭さんが活躍すると俄然面白くなりますなあ。しかしあそこでオーバーヘッドキックをかます理由はあったんだろうか。こんなこともできるオレ様すげー! さあ尊敬しろ! 以上のことはないか。ああすごーいすごーい(棒)。すごいから今後コーメイさんの出世の邪魔をすんなスモールボーイめ。一介のナベケン好きとして、貴様がナベケンのことを本音ではチョンマゲ野郎呼ばわりして馬鹿にしていることは忘れんぞ! 頼むから桜庭さんがゴールを揺らす展開だけはナシで! そこは龍ちゃんで! この際田沢くんでも構わんぞ!(どういう意味だ)

そしてほたるさんえろかわいいペロペロ(^ω^)で締めるのだった。よし40分で書けた!
posted by はらよしかず at 18:49| サンデー&マガジン関連。